withコロナなのかafterコロナなのかの議論はさておき、 どっちにしろ今この瞬間において人の価値観が激しく変化しているのは確かで ”今まで”と”これから”という線引きが色んな場面で引か...もっと読む

いよいよ二度目のい草の聖地八代に行く日が来た。   と言っても前回行ってからまだ一ヶ月しか経ってないけど(笑)   今回は前回同様、農家さんを回るのはもちろ...もっと読む

  さて、産地八代から無事地元福岡に帰ってきた僕。     あの風景や音が忘れられない。   シュッシュッ 思...もっと読む

  おはようございます。 ボクとい草の物語の続きです。 前回をご覧になってない方はコチラから http://www.sano-tatamiya.com/230/ ...もっと読む

  おはようございます。だいぶ前に始まっていつのまにか自分の中ですら忘れちゃってた記録 ボクとい草の物語。 思うところあり改めて今またリニューアルし発表することに。 ...もっと読む

  未来を作るために今を生きるのか? 今の延長に未来があるのか? 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、地球温暖化の影響で産業革命前からの平均気温上昇が...もっと読む

“い草”日本文化の一つである畳の重要素材として守り、紡いでいきたいもの。 そして佐野疊屋の根幹となる大切なもの。   今日は佐野疊屋のオリジナル商品である”草美人”無染土表...もっと読む

  毎日、研ぐ、研ぐ、研ぐ。     我々畳業界のみならず色んな業種の方々、特に左官さんや大工さんなど職人さんの後継者問題は深刻です。 &n...もっと読む

  庭の木に蜂の巣が作られていた。   やけに蜂が多いから、子供たちには庭に近づかないようにうながした。   そして昨日、蜂を殺してしまうジ...もっと読む

  産地の問題、後継者問題、畳離れの問題、 課題多き畳業界において、 本物の専門家企業でありたい。   先週末は素敵な時間をいただいた。 素敵な...もっと読む

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

おすすめの記事

    投稿はありません。

月間アーカイブ
年間アーカイブ

飯塚市で畳の表替えなら、い草の伝道師、佐野畳屋。トップページへ