飯塚市にお住まいのみなさん。自然素材の畳をお求めの方に。畳の表替えなら国産畳専門の佐野畳屋へ

環境経営でいざビューティフルジャパン

[2019年2月5日 01時36分]

 

自然の光源を障子が美しく彩る。

最近の三宅建築工房さんの手がけられた住まいですが、

こんな優しい未来を描いていける企業を目指していきます。

 

人間が良ければ、自分が良ければ、

エゴではなく未来に誇るエコを。。


 

 

プラスチックを中国が買ってくれなくなって日本の企業が大変困っているという番組を見た。

年間200億本ものペッドボトルが使用され分別が進んだ日本でも9割しか回収出来ていないのだという。。

つまり一割20億本は処理を行われないまま地球の生き物たちを苦しめているということだ。

 

 

この画像は誤ってプラスチックストローを吸い込んでしまい苦しむウミガメの姿。。

 

このことからスターバックスや外食チェーンではプラスチックストローをもう使わないと宣言し今行動中である。。

 

 

また海辺に上がった死んだ鯨の胃からプラスチックの破片が溶けずに見つかった。

このクジラはまだ赤ちゃんで自分で捕食できないため、なんらかに形で誤って吸い込んだのだろうとされている。

 

胃の中にプラスチックのまま残っているから空腹に気づかず栄養失調で死んでしまうこともあるとのこと。

 

未来、魚は食べれなくなると言われている。

 

 

それも原因はプラスチック等による環境汚染で生態系が壊れるからだという。

 

 

またエネルギー問題、異常気象など僕らが住む地球の環境はすごいスピードで悪化している気がしてなりません。

 

今僕らにできることは、

ゴミ拾いと分別、また省エネくらいしかありませんが、世界中の人がそれをしたら、間に合わずともやって意味のないことはないだろうと思いブログに書いてみた次第です。

 

例えばあなた自身がなんらかの理由でゴミを拾えないんだとしたら(なかなかないと思うけど)

ゴミを拾いながら歩いているみんなにありがとうと感謝を述べよう。

それだけでも絶対世界は変わる。

 

 

 

昨日のブログにも書いたけど、知ってるのとやっているのは月とスッポンほど違う。

 

最近は技術のことばかり書いていますが、重ねて環境経営の学びも進めて、

少しでも未来に誇れる企業になれればと思います。

 

 

 

まずは分別。

と感謝。

 

どうぞやったりましょ!

 

 

 

ほっこりしようぜ

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

もし宜しければ、応援コメントなどを頂けたら幸いです。コメント、お待ちしております。(Facebookアカウントをお持ちでない方は、こちらをご利用ください。)



CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
月間アーカイブ
年間アーカイブ