飯塚市にお住まいのみなさん。自然素材の畳をお求めの方に。畳の表替えなら国産畳専門の佐野畳屋へ

愛を持って技術を成す

[2019年1月3日 22時37分]

 

改めまして明けましておめでとうございます。

変革の時代真っ只中なのだと感じてならない2018年も終わり、

いよいよ平成最期の年が始まりました。

 

下町ロケットヤタガラス編、その番組を協賛するスポンサー企業のCMからも

農業機械の自動運転そう遠くない未来に実現することを実感しました。

 

 

時代はかなりのスピードで変わっている。

その流れを楽しみ活かせる者こそが海賊王だ。

 


 

さて、今日はお世話になった方のお通夜に参列してまいりました。

途中地震が起こるなどものすごい一年になりそうな気もしていますが、

住職さんのお説法が沁みました。

 

この世は無常。

という言葉があります。

 

これは頑張っても頑張ってもこの世の中は無情である。であると言う意味だと思ってましたが、

無常とはつまり、一刻として同じ時は無いという意味でした。

常日頃の積み重ねが大事だと思いつつも、

常に同じ状況ではないということ。

 

つまり明日も当然生きているということは誰からも保障されてはないということ。

 

これはわかっているようで、いつも忘れている話しです。

 

お通夜は故人が最後に自分の体を使ってそれを教えてくれる機会なのだと話されていました。

 

考え事をするときに一番いい場所はどこだと思います?

カフェ?

山の中?

 

茶室?

 

僕はそう思っていましたが、

 

究極は棺桶であるということも違った切り口でしたが教えられました。

 

樹木希林さんは癌になって幸せと言ってた。

 

だっていつ頃死ぬのかわかったほうが色々できるでしょ?

 

って。。

 

新年早々死のお話ですが、僕もまさに今からですが

これから今年の計画書だったり目標だったりを書く人は

大事な話だと思います。

 

明日死んでもいい生き方をしたいから。

 

10年ビジョンと同時に何歳で死ぬ前提にビジョンも考えておきたいと思っています。

 

 

話を少し戻すと、故人が今日はこのお話を聞かせてくれたんじゃないかと心よりご冥福をお祈りするとともに感謝致します。

 

死んだらどうなるかなんて今の僕にはわからないけど、

死ぬときに笑って死にたいから、

笑って死ぬには絶対みんなの力が必要だから、

生きてる最中はみんなに喜んでもらえるように命を使いたい。

 

 

今年も重くて暑苦しいほっこり野郎ですが、

どうぞまた一年よろしくお願い致します。

 

 

ちなみに個人目標は、

❶ブログ200記事以上、

❷体脂肪15%未満です。

 

 

 

 

上記の2点は必ず達成しますので、

今年末のブログでもし生きてて出来てなかったら、ぶん殴ってやってください。

 

 

会社の目標と役割としてに目標は機会があればまた書きます。

 

 

 

それでは誰かを最高にハッピーにする2019年。

 

やったりましょー。

 

One Life Infinity

たった一度の人生は無限の可能性を秘めている

 

 

ほっこりしようぜ

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

もし宜しければ、応援コメントなどを頂けたら幸いです。コメント、お待ちしております。(Facebookアカウントをお持ちでない方は、こちらをご利用ください。)



CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月間アーカイブ
年間アーカイブ