飯塚市にお住まいのみなさん。自然素材の畳をお求めの方に。畳の表替えなら国産畳専門の佐野畳屋へ

畳の敷き方、織り方で住まい方を考える。

[2017年5月17日 09時57分]

 

自然素材にないものが人工素材にあり、

人工素材にはないものが自然素材にはあります。

 

生花と造花がわかりやすい。

 

生花は水、光等のお手入れが必要で、当たり前だけど枯れる。

造花は、水も光も必要ないし、当たり前だけど枯れない。

 

どちらが便利?

 

どちらがメンテナンスフリー?

 

 

じゃあどちらが愛おしい?

 

 

別に人工素材を否定しているわけではないけど、

 

利便性だけで物事を判断するのは絶対嫌だ。

 

桜は散るから美しい。

 

人は死ぬから美しい。

 

散るために咲くわけではない。

死ぬために生きるわけでもない。

 

 

そこに在れるために生きるのだ。

 

 

あー。僕の自然素材に対する愛はもはやめんどくさいね(笑)

 

 

さあ。

 

そんな自然素材”い草”を用いた畳は、敷き方や織り方をデザインすることでより楽しめたりする。

 

カップスターもガリガリ君も今や高級品のポテトチップスも

スタンダードが一番人気だけど、

 

時には遊びたくなるのも人間性。

 

敷き方、織り方で住まい方をデザインするのではなく、

より楽しく、より心地よく住まうために敷き方、織り方をデザインする。

 

 

いつもは断然蕎麦派な僕も、

風邪を引いたらうどんなのだ(意味不明)

 

 

昨日は元々あったお座敷に掘りごたつを据え、憩いの場に。

だけども時にはお座敷としても機能するように、掘りごたつを使わないときは畳敷きに。

 

枕敷き(敷く方向が違う二枚)は掘りごたつに合わせ幅が広いので、手を加えた切り方をし、掘りごたつの中は、使わないとき押入れにしまえるよう半畳敷きに。

 

そう、敷き方も作り方も全て住まい方の元にあるのですね!

 

 

そしてもう一軒。

ヘリなし畳にしたいとのことでしたが、畳床もまだいけるしもったいないので、柄表と多様な畳縁を持って打ち合わせ。

 

こんなのがあるのなら、張り替えで頼みたいとのことになりいざ張替え。

 

正直言うならば、売上げ、利益をいうならばヘリなし畳の方が分がいいのです。

 

だけど、僕は張替えをおすすめした。

 

それはなぜか?

 

 

施主さんがすごく楽しそうだったから。

 

畳表選び、畳縁選び。

娘さんとすごく楽しそうだったから。

 

 

 

施工後聞いてみたんです。

 

「どうですか?イメージ通りだったですか?」

 

 

って。

 

 

じゃあ、

「イメージよりすごくいいわっ!:

 

って笑って下さいました。

嬉しかった!ありがたかった!

 

僕らがここにあることで、もっとたくさんの笑顔、感動を生み出していけるように精進します。

 

どちらのお宅も帰りしな職人とガッツポーズしたのは

内緒です。

 

 

 

 

ほっこりしようぜ

 

 

 

 

 

おしまい

 

もし宜しければ、応援コメントなどを頂けたら幸いです。コメント、お待ちしております。(Facebookアカウントをお持ちでない方は、こちらをご利用ください。)



CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめの記事

    投稿はありません。

2019年11月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
月間アーカイブ
年間アーカイブ