飯塚市にお住まいのみなさん。自然素材の畳をお求めの方に。畳の表替えなら国産畳専門の佐野畳屋へ

人の数だけ可能性が広がるんだぜ!!

[2017年4月11日 00時45分]

 

今日んも福岡県田川市は一日中雨でした。

そんな中職人有ちゃんと二人で”CHIBI_TATAMI”を作りました。

4月29日の沖縄ふぇすたに向けての計画通りになるんですが、

畳縁はお互い好きなやつにしてどっちが売れるか勝負しよーぜ!!!ってな感じ。

 

琉球表を使ったCHIBI_TATAMIちゅら。無染土表を使ったモノ、通常のものと三種類の素材です。

 

途中母にも3種類選んでもらって3人で遊びながら競うことに。

母のはまだ出来ていませんが、

ラインナップがこちら

image

のりたろー作品集

 

image

有ちゃん作品集

 

一つ言えるのはどれを選んでもめちゃくちゃ良い香りだってこと。

 

縁は好みもあると思うけど、

ぜひ沖縄ふぇすた当日は遊び来て見て行ってくださいね!!


 

さて話は変わりますが、

 

 

先日、畳替えを依頼してくださった飯塚市にお住まいのHさんに今日ある会合でお会いしたんです。

 

そして、その二次会の挨拶をお願いしたら、本当に嬉しいことを言ってくださいました。

 

「佐野君から畳を説明を受けた時、い草の良い香りがしたと。

なんか佐野君の思いも伝わり心も浄化された!

畳のことは佐野君に頼んでね!」

 

 

って。

 

僕が知ってる限り正直そんなうまいこと言う方ではないので、

本当に嬉しかったんです。

 

と同時にい草ってやっぱすげえなぁって。

 

だって商品説明しただけで、

五感だけじゃなく心に響くんだもん。

 

最高だよなー!!

 

 

佐野疊屋の方針としてい草と生きていくって決めた。

別にほかの素材をしないわけでもないけど、

い草をどう伝えていくかを課題とし、取り組んでいる。

 

通常のい草がただ国産ってことだけでもありがたいけど、

無染土表や、柄表など、

い草でどう楽しんで頂くかを常に考えているんです。

 

その結果雑貨だったり、ネットショップによる事業展開だったりに進んでいる。

 

今はまだ二人の佐野畳屋だけど、今後人が増えてもしっかり人間尊重:一人一人の個性を尊重し、感謝し、思いを共有していく。

 

このことをしっかり念頭に置き、真摯に取り組んでいけば

 

『人の数だけ可能性が広がっていく』

 

 

そう思うんです。

 

 

今日僕味わった思いをもっと社員にも味わってもらいたいば。

 

そうしたらきっと、

 

みんな

い草さいこーーーってなるはずだから。

 

 

 

頑張ろうな俺!!!

 

image

 

 

ほっこりしようぜ

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

もし宜しければ、応援コメントなどを頂けたら幸いです。コメント、お待ちしております。(Facebookアカウントをお持ちでない方は、こちらをご利用ください。)



CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月間アーカイブ
年間アーカイブ