飯塚市にお住まいのみなさん。自然素材の畳をお求めの方に。畳の表替えなら国産畳専門の佐野畳屋へ

聴福庵 神家総本家 ~古民家再生懐かしい未来へ②~

[2016年12月22日 05時43分]

 

”畳は規格でできてはいない。心で出来ているんです”

image

聴福庵での座談会を終え、今改めて思ったのはそんなことでした。

年末の忙しい中、熊本県八代より草野さん夫婦。瀬海さん、村上さんが来てくださいました。

ek0a4451 ek0a4421 ek0a4419

※写真 大熊デザイン撮影

 

い草のこと。畳のこと。

神家さんのスタッフの皆さんを交え、色んなお話がされていました。

 

はい。

僕はというと、玄関の畳を製作中でした。

image

 

こちらも

 

みんなで作りたいとの要望から、何針ずつ縫って頂いたり、切って頂いたり

image image ek0a4209

 

愛着って大事ですよね。

こうやって素材から知り、自分たちで縫った畳って絶対好きになると思うんです。

 

少しづつでもいい。

 

本物の畳とは何なのか?

 

そんなことを考えてもらえたら最高です。

 

 

必ずしもいいモノ、うまいものが伝わるわけではないんです。

 

心と心がリンクした時に、伝わるんです。

 

それは時に一年かかったり、時に一分だったり。

ek0a4004

 

大切にしたいのは”思い”

 

そのために技術も知識も学び続けて行きたいですし、

こうやって語り続けていきたい。

 

先日の座談会は、そんな思いと思いがしっかりリンクしたかけがえのない時間でした。

ek0a3970

本当に本当にありがとうございました。

 

 

ek0a4529

 

ほっこりしようぜ

 

 

 

 

おしまい

 

もし宜しければ、応援コメントなどを頂けたら幸いです。コメント、お待ちしております。(Facebookアカウントをお持ちでない方は、こちらをご利用ください。)



CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめの記事

    投稿はありません。

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
月間アーカイブ
年間アーカイブ