田川郡にお住まいのみなさん。自然素材の畳をお求めの方に。好みの縁を見つけるなら国産畳専門の佐野畳屋へ

オザシキオンガクフェスティバルでつながってくださった皆さん。本当にありがとうございました!

[2016年10月16日 23時41分]

2016年10月15日。

田川郡の香春町というところに、世界中から個性が集まった。

image

 

何より会場にはあらゆるところに畳が敷かれている。

ステージ、客席、ブース、休憩所、DJステージに至っては、壁も天井も畳である。

image

畳屋だから言える。

畳屋ではこれは多分思いつかないし、実行しないのかもしれない。

世の中にはモノが溢れ、日本に至っては生活に必要なモノは大体揃っている。

そのなかで大切にしたいモノ。

それは個と個のつながり。

多勢から多勢、いわゆるマスメディアのようなものではなく、

いわゆる興味がある個人からの発信に興味を示し、シェアしていく。

 

真似事ではなく好きなことを目一杯やる。

そんな連中はジャンルや人種を越え、心に飛び込んでくる。

一言

『すげー』

 

個性が溢れている。

なんなんだ。これは。。。

 

dsc_0377

 

そして何よりも興味深いのは、日本人ということ。サンバだろうがレゲエだろうが、ヒップホップだろうが、

パンクロックだろうが、畳のステージではみんな裸足なんだ。

 

しきたりやルールにアナーキーを叫ぶのがパンクならば、

畳の上でも、ライダースブーツでもいいはずなのに、

主催者と、文化に敬意を表し、きちんとするサムライソウルは僕にはパンクだった。

 

サムライパンクだ。

 

本当に一つ一つのアーティストに感銘を受けたし、魂を感じたんです。

 

ブースの方では、自分がデザインしたTシャツを売っていたり、

オーガニックな野菜や、だるまさん、本などが並んでいた。

ちなみに、僕はといえば、佐野疊屋の雑貨商品をオーガニックな方々と並び販売しました。

dsc_0375

 

い草を売っているひと初めて見ましたとか、いい匂いがするだとか、

言って頂きながらも、なんだか何か足りねーなーなんて超刺激を受けまくっているもんだから、

手縫いすりゃよかったとか、俺も歌いてーなーなんて終始思っていました。

 

しかし、本当に楽しい一日でした。

 

朝、愛する三宅建築工房さんの物件に畳を納め、準備し、駆けつけたオザシキオンガクフェスティバル。

 

本当に、本当にお疲れさまでした。

image

 

なにかまた一つステップアップした感じもあります。(気のせいかな)

 

畳と音楽。

 

ボブディランがノーベル文学賞を受賞した喜び。

 

やはり音楽は、アートである。

 

 

畳という文化と音楽というアート。

 

最高だぜ。

 

 

 

絶対日本には天然い草で出来た畳が必要不可欠だし、畳にもっと誇りを持てるよう、

僕らが必死で叫ぼう。

 

サムライソウルを。

 

日本の美しさを。

これからもっと畳を楽しんで、縁を大切にしていこう。

 

そんなことをふつふつと感じた秋の一日。

 

 

 

ほっこりしようぜ

dsc_0388

 

 

おしまい

 

もし宜しければ、応援コメントなどを頂けたら幸いです。コメント、お待ちしております。(Facebookアカウントをお持ちでない方は、こちらをご利用ください。)



CAPTCHA


2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
月間アーカイブ
年間アーカイブ