飯塚市にお住まいのみなさん。自然素材の畳をお求めの方に。琉球畳なら国産畳専門の佐野畳屋へ

畳、い草の産地から愛を込めて②

[2016年7月1日 06時49分]

 

先日からの”い草を知る。人と繋ぐ。い草刈り2016”ツアー(今、命名)

い草の産地熊本県は八代から帰ってきました。

 

何から話せば良いのかわからないほど、色濃く、確かな経験でした。

4月には熊本地震が起きました。そこで何かが変わったという草野さんのお話が印象的でした。

 

”ただただ収穫出来ることがありがたい”

”震災まではい草に頑張ってなーって声をかけてた。い草の力を手助けして育ててやるのが仕事だと思ってた。

でもな、い草は常に頑張ってるんだって気づいたと。頑張ってなーじゃなく頑張ろうなー。ありがとうなー。

になったんよ”

 

2016い草刈り③

 

優しい顔で語ってくれた草野さん。

い草の畳が大好きなのは、皆さんがこういった思いで作って下さるから。

 

 

おはようございます。

今日から七月。

確かに研ぎ澄まされて帰ってきたのりたろーです。

 

 

 

 

佐野畳屋のミッション、

”一生頼れる会社になる”ため。

お客さんに、生産者さんに、社員に、材料屋さんに、町に。

 

お客さんにはあそこに頼めば間違いない!って噂されたいし、そして噂を越えたいし、

生産者さんや材料屋さんには、佐野畳屋はよう材料の本質や心意気をを理解して売ってくれる。

また、産地に来て、力になってくれる。って色んなことを共有したいし、

社員には『この会社に入ってよかった。』って思ってもらいたいし、

田川市には、高額納税者ではないにせよ、しっかり納税したいし。

 

まあごちゃごちゃ言いましたが、そんなことを実現していくために、産地によくいきます。

 

そして先日の早朝より、佐野ブランドである”京の趣”生産者さんである草野さんの所で

い草刈り体験をさせていただきました。

もちろんただの体験ではなく、い草とはなんなのか?い草作りとはなんたるや?

そんなことを考えながら、そして少しでもお役に立てるように。

1日だけだけど、今日は楽だったと思って頂けるように。

 

 

はい。

豪雨でした(笑)

 

雨って痛いんだなぁー。

 

って久々思いました。

 

 

ただそんな中でも普通に淡々とい草刈りは行われていて、

「最悪の時に来たね!」

って笑ってましたが、

そんな辛い時をに共に雨に打たれ、汗をかき、ご飯を食べ、笑い、語り、走る。

そんな時間を過ごせたのがなによりの宝物です。

 

2016い草刈り⑩  2016い草刈り⑪ 2016い草刈り④ 2016い草刈り⓹

 

昼過ぎ、神様がくれた少しの撮影時間に撮ってもらった写真。

 

もうね。

 

ここは多くを語りたくないです。

 

語る為に、伝えるために行ってきたんだけど、

ごちゃごちゃ言いたくない。

 

ただ一つ。

 

青いダイヤと呼ばれたい草。

自然の恩恵、人間力、命の鼓動、絆。

 

すべてを含め、僕はこう言います。

 

 

大袈裟でも何でもない。

 

笑いたきゃ笑えばいい。

 

 

い草は、

畳は

 

 

”日本の至宝”です。

2016い草刈り⑥

 

のろけ話ですが、

お昼ご飯頂くとき、草野さんが言ってくれたんです。

 

『佐野君、ここに座り。』

 

『ここは息子の席やけんな』

 

 

 

ありがたい。

 

本当に。

 

 

お世話になった草野さん、お母さん。そしてこんな僕らの為にわざわざ来てくださった、みなさん。

 

本当にありがとうございました。

 

 

感謝の意を込めて、日本の至宝を伝えていくことを誓います。

 

2016い草刈り⑦

 

 

ほっこりしようぜ

 

 

 

おしまい

もし宜しければ、応援コメントなどを頂けたら幸いです。コメント、お待ちしております。(Facebookアカウントをお持ちでない方は、こちらをご利用ください。)



CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめの記事

    投稿はありません。

2019年11月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
月間アーカイブ
年間アーカイブ