田川にお住まいのみなさん。自然素材の畳をお求めの方に。畳の表替えなら国産畳専門の佐野畳屋へ

のり散歩~日本誕生 前編~

[2016年3月13日 05時55分]

 

少しだけ過去を振り返ってみると色んな思い出が鮮明によみがえる。

 

見ているだけでも泣きそうな大切な時間の存在に改めて気づくんです。

 

DSC_6176

 

そして思う。

兄弟そっくりやんって。

そして、俺、服まったく今と一緒やんって(笑)

 

おはようございます。

佐野畳屋の代と共に地井武男さんのあと(ちい散歩)をひっそり継いだ司会進行散歩役ののりたろーです。

 

昨日の夜は思ってました。

明日は日曜日、久しぶりにゆっくりとした朝だし、長男と約束した映画まではゆっくり眠ろうって。

 

だがしかし、

昨日行ったの材料屋さんの展示会。

そこで生まれたというか触発された一種の思いがアラームをならすんだ。

 

 

「寝ててもいいよ。寝ててもいいんだよ。

だけど、この時間プライスレスだよーって。」

 

ピピピーって。

 

 

くわっとなり、

ふつふつと湧き出るパッション屋良が僕の心をフンっと叩く。

やったれやったれやったらんかーーい

って叩くんです。

 

パッション屋良

 

今からブルーレイにて一人勉強会をし

、水滸伝を一話読み、

い草と共に僕が僕である意味、

日本、九州、福岡、田川、そして畳屋の次男としてに生まれた宿命を少し考えてみることとします。

(重い(笑))

 

偶然にも今日長男と見に行く映画は”ドラえもんのび太と日本誕生”

そう。今日ののり散歩は日本をテーマにお送りしております。

 

畳は出てくるかしら?(ドキドキ)

 

日々成長していく息子たちが、お父さんの仕事楽しそうだね!!

って自然とわいわいできるほっこり野郎でありたい。

 

い草と生きる道。

 

時代に逆行しようが存分に楽しむ余地があり、紡いでいく理由もある。

残したい文化であり、世界に誇りたい宝である。

 

落し物が警察に届けられる素晴らしい文化。

茶の心、趣、姿勢を正し、自分と向き合う文化。

決して商売的ではなく、ただただ良いモノをつくりたいって自分と闘う文化。

何もなくてもすべてある、わび、さび

DSC_0074

 

しょせんこの世は弱肉強食、

グローバル化された今の世にこんな気持ちは甘っちょろいのかもしれませんが、

僕はここを譲らない。

 

”戦闘機が買えるくらいのはした金ならいらない。”

 

これはブルーハーツの歌の一小節だけど、僕も

 

そんな金より、家族と公園でおにぎりを食べれる平和とお金が欲しいんだ。

 

 

 

家族と畳。

 

僕にとってそれは心を紡ぐモノ。

 

それは、時に団らんをうみ、思い出をうみ、時間をうみ、体験をうむ。

 

天然畳の色んな効能が支えるそんな時空間は、まぎれもない真実。

 

 

そう。

のりさんぽ~日本誕生 前編~

は、そんな心の旅からお送りしました。(まどろっこしくてすいません(笑))

 

DSC_6181

 

 

ほっこりしようぜ

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

もし宜しければ、応援コメントなどを頂けたら幸いです。コメント、お待ちしております。(Facebookアカウントをお持ちでない方は、こちらをご利用ください。)



CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

おすすめの記事

    投稿はありません。

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
月間アーカイブ
年間アーカイブ